青少年に対する顕微鏡下精索静脈瘤手術は父性獲得率と妊娠までの時間を改善させる

12歳から19歳くらいまでの青年期に精索静脈瘤を認めた場合、手術をするかどうかは日々の診療で悩むところです。その問いを払拭してくれるような論文が発表されました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28153511

 

手術適応とされる絶対的な基準は以下の通りです。

  • 精巣容量が体側よりも2mlもしくは20%低下している。
  • 15歳以上で精液検査が異常である。

 

この論文では12歳から19歳の青少年408名で、286名で当科でも行なっている顕微鏡下精索静脈瘤手術を施し、残りの122名は手術を希望されなかったため、対照群としてフォローされました。その結果、経過観察と比較すると、手術をした方は精液所見が改善され、父性獲得率(将来的に子供ができる確率)が48%から77%に上昇していることが判明しました。さらに夫婦生活をしてからの子供ができる期間も17ヶ月から11ヶ月に短縮されたようです。単変量解析では青少年期に顕微鏡下低位結紮術を行う事によって、経過観察するよりも3.63倍も将来的に子供ができる確率が上がるようです。

この論文では手術群の平均フォロー期間が10.7年に対して、経過観察群のフォロー期間が8.9年と少し短めなのが気になりますが、青少年の精索静脈瘤手術においてここまでのフォロー期間と結果を発表した論文も皆無であり、価値あるものと思います。

そしてやはり青少年への手術は侵襲が少なく、合併症や再発の低い顕微鏡下低位結紮術が良いようです。当科でも引き続きこの手術を積極的に進めたいと思います。

文責:木村将貴