男性不妊症(原因・検査・治療について)

帝京大学病院泌尿器科での男性不妊治療に対する取り組み

8夫婦中1夫婦はお子さんを作ろうとしてもなかなかできない問題に直面するといわれています。また不妊症の原因としては女性によるもの、男性によるもの、男女両方に原因があるものに大別されます。その中で、男性によるもの、男女両方に原因があるものを合計すると男性因子による不妊は実に40-50%を占めるといわれています。

帝京大学泌尿器科は以前より男性不妊に力を入れてきました。現在では都内の病院のなかでも特に積極的に男性不妊症に対する診療を行っています。パートナーの状態も考え、患者さんに適したベストな治療方法を相談しながら決めていきます。

不妊治療において男性は精子の提供だけはなく、負担のかかる奥様のサポートし、夫婦ともに不妊治療に向き合うことが大事だと思います。また、上の図にあるように48%は何らかの形で男性が原因になっていますので、妊活をしてなかなか妊娠できなかったら、早めに男性も検査を受けましょう。まずは何の苦痛もない精液検査を受けて下さい。また、男性の検査をすることによって、流産や繰り返す顕微授精のリスクを減らすことができます。一般的に不妊症男性は精巣がんの確率や、何らかの合併症が隠れいるともいわれています。将来のお子さんのために帝京男性不妊外来に来てみて下さい。

帝京男性不妊外来の特徴

  • 当院は精液検査用の個室を用意しています。トイレや院外で採精することはありません。
  • 初回検査はすべて保険診療で行いますので経済的負担は少なくて済みます。例えば精液検査(予約必要)、精巣エコー、ホルモン検査は紹介状ありで五千円弱、紹介状なしで一万円弱です。
  • 診断と治療は一貫して不妊治療に経験豊富な医師が行います。
  • 無駄に時間が過ぎる事の無いように、迅速な診断と治療を重視しています。特に初診日から1ヶ月以内に手術ができるように配慮をしています。
  • 希望があれば当院産婦人科や連携クリニックに奥様の検査、不妊治療をお願いしています。
  • 平日の他に土曜日午前中に外来を行っており、大学ですが可能な限り患者さんの利便を図っています。
  • 一部の男性不妊クリニックにおいては過剰診断、過剰医療になっているように見受けられますが、当院では公正な診断と治療をモットーとしています。

男性不妊の原因は

精子を作るのは精巣です。精巣の中には精細管という直径200-300 ミクロンの細いひも状の組織が詰まっています。精子形成の過程では、その精細管の外側から内側に向かって精子が造られ、精巣の上に付着している精巣上体へ移動します。その後の精子の通り道として、精巣上体から精管を通り、前立腺内の射精管へ開口し、射精時に精嚢内の精液と混じって尿道から外へ射出されます。

男性不妊の原因は大まかに、①精巣の中で精子が正常に作られない造精機能障害、②精子の通り道が塞がっている精路通過障害、③射精や勃起がうまくいかない性機能障害に大別されます。

男性不妊の多くは乏精子症や精子無力症など、精巣で精子を作る働きが低下していて精子濃度や運動率が低下したために起こります。

また精液中に精子がいないことを無精子症といい、大まかに非閉塞性無精子症と閉塞性無精子症に分類されます。非閉塞性とは精巣そのものの精子を作る機能がない、もしくは低下している状態、閉塞性とは精子は作られているが、前述した精子の通り道の途中に問題がある場合で、避妊手術後の無精子症、ヘルニア手術後の無精子症などがこれにあたります。

男性不妊の自己チェックと注意点について

当科で可能な検査について

男性不妊の診断に必要な検査はほぼカバーしています。
精液検査のほかに、問診、精巣容積測定、精管の触知の有無、精索静脈瘤の有無のチェックのための診察と超音波検査、血液検査による内分泌機能のチェックを行います。
無精子症の患者さんの数%に染色体異常を認められることが知られておりますので、その際には染色体検査を追加で行うことがあります。場合によってはMRI等の画像検査を行うことがあります。さらに近年Y染色体AZF領域の変化が無精子症に関係することが判明しており、その検査が可能です。精液検査が必要な場合は、初診時は受診前に3-5日の禁欲期間を設けてください。

男性不妊の手術

男性不妊外来での治療は主に、内科的治療と外科的治療の2つに分けられます。内科的治療は漢方をはじめ抗酸化療法や内分泌療法が中心になります。男性不妊症に対する手術は泌尿器科の手術の中でも特殊で部類になります。何故なら、手術用の顕微鏡を使用して行う顕微鏡下手術が殆どであり、顕微鏡手術のトレーニングが必要になるからです。以下の手術は当院で実施している主な手術で、クリックしていただければ詳細情報をご覧いただけます。

[English Version]

 

帝京大学医学部附属病院を受診するには

男性不妊外来を受診されるかたは主に東京・埼玉の方が多いですが、神奈川や他県の患者さんもいます。不妊治療はスピードが重要です。男性不妊の診断、治療をご希望の方は泌尿器科・男性不妊外来で対応しております。受診ご希望の方は予約専用電話03-3964-1498でご予約をお取りください。紹介状がない場合は選定療養費の5400円が必要になります。紹介状がなくても予約は可能です。詳しくは以下のリンクを参照してください。
「外来受診の手続き|外来のご案内|帝京大学医学部附属病院」
お問い合わせからでも個別に手術の込み具合、診察の流れ等のお返事もしておりますので、お気軽にお問合せください。

担当医 水曜AM、PM、土曜AM 木村将貴