顕微鏡下精巣内精子回収術(マイクロテセ:micro-TESE)

無精子症の原因は?

無精子症とは精液検査で精液中に精子を認めない状態のことを言います。無精子症は大まかに非閉塞性無精子症と閉塞性無精子症に分類されます[1]。非閉塞性とは精巣そのものの精子を作る機能がない、もしくは著しく低下している状態、閉塞性とは精子は作られているが、前述した精子の通り道の途中に問題がある場合で、避妊手術後、精巣上体炎後の閉塞、ヘルニア手術後、先天性精管欠損などが原因になります。

非閉塞性無精子症の診断は?

前述したように精巣そのものに精子を作る力がないものを、非閉塞性無精子症(Non obstructive azospermia:NOA)と呼んでいます。精液検査のほかに、精巣サイズ、ホルモン(内分泌)検査、染色体検査などの結果から診断いたします。

非閉塞性無精子症の原因は?

多くは原因不明とされています。すなわち、現在の医学では有効な治療法がまだ見つかっておりません。無精子症と高度乏精子症の約5.8%に染色体の変化を認めるとされていますので、無精子症の原因を調べる目的で染色体検査をすることがあります[2]。原因が分かったからといって決定的な治療法はありませんが、治療をした時の成績や、遺伝形式など生まれてくるお子さんに関しての情報を得ることができます。染色体は患者様の固有の情報ですので、プライバシーに配慮しながら開示を行います。

染色体の変化について

無精子症や高度乏精子症で染色体の変化が起こっている確率は、前述したように5.8%と報告されており、一般人口の10倍強の確率で染色体変化が起こっています。染色体には常染色体とXYの性染色体がありますが、前述した5.8%のなかでも性染色体の変化が4.3%、常染色体の変化が1.5%とされています。

性染色体の変化が起こっている方の主なものにクラインフェルター症候群があります。クラインフェルター症候群は500人に1人の比較的高い確率で出生すると報告されており、主な染色体の核型は47XXYとなります。後述するMD-TESEによって約半数の方から精子が回収できます。

常染色体の変化として最も認められるものは、ロバートソン転座、相互転座、逆位、マーカー染色体などです。複雑な遺伝形式をとるので治療の相談と同時に遺伝カウンセリングの専門家を御紹介することも可能です。

近年、Y染色体のAZF領域の微小欠失が精子形成に関わることが判ってきました。MD-TESEをする際の回収率の判断材料になりますので、当科ではAZF領域欠失の検査をオプションで行っています。

顕微鏡下精巣内精子回収術(マイクロテセ)の実際

無精子症の方の中には、射精する精液中には精子を認めなくても、精巣内の一部分で精子が造られていることがあります。そのような場合は顕微鏡を使って、精巣中の精細管を観察し、精子が造られていそうな太く白い精細管を限定的に回収する手術があり、これをmicro-TESEといいます。切開は陰嚢中央に約3㎝の創になり、術後の創が目立つことは殆どありません。当院では1泊2日の入院もしくは日帰りでmicro-TESEを行っています。例えば、月曜日入院、火曜日手術、夕方退院で、水曜日から通勤等が可能です。術後に創の確認や、テストステロンが低下していないかをチェックします。

当院でmicro-TESEをお受けになる場合は、顕微授精を予定している不妊クリニックとの連携が必要になります。現在通っているクリニックでTESEによる検体で顕微受精可能な場合は、そのクリニックとコンタクトを取らせて頂き、精巣組織の運搬と精子の検索、保存をお願いすることになります。場合によっては、奥様に精巣組織の運搬をお願いすることがあります。現在通院しているクリニックでTESE検体が扱えない場合は、提携先のクリニックを御紹介させて頂くことがあります。

手術用顕微鏡を使用して、精巣内精子を探していきます。

治療費用

局所麻酔による1泊2日micro-TESE:27万円(術前検査・術後傷確認を含む、部屋代別)

局所麻酔による日帰りmicro-TESE:27万円(術後傷確認を含む・術前検査別)

すべて自費診療となります。

東京都の助成金について

平成27年4月から精巣から精子を採取するための手術を実施した場合の助成制度が始まりました。詳しくは以下のリンクの精巣内精子生検採取法等に係る医療費助成についての項をご参照ください。これにより最大15万円の助成が受けられます。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

本助成は指定病院で手術を施行した方が対象となります。当院も東京都特定不妊治療費助成事業の指定医療機関になっておりますので、下記にてご確認ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/si_list.html

問い合わせ

帝京大学泌尿器科は東京都内の大学病院で男性不妊外来を行っている数少ない病院の一つです。男性不妊症の診断、治療をご希望の方は泌尿器科 男性不妊外来で対応しておりますので予約専用電話03-3964-1498でご予約をお取りください。紹介状がなくても予約は可能ですが、紹介状がない場合は選定療養費の5400円が必要になります。

担当医 生殖医療専門医 木村将貴

参考文献

[1] Goldstein M, Rosenwaks Z. Male infertility in the era of ART: why treat; how to treat. Semin Reprod Med. 2009 Mar: 27:107-8
[2] Johnson MD. Genetic risks of intracytoplasmic sperm injection in the treatment of male infertility: recommendations for genetic counseling and screening. Fertil Steril. 1998 Sep: 70:397-411