ペロニー(ぺイロニー)病の原因・診断・治療

当科の形成性陰茎硬化症(ペロニー病)に対する取り組み

ぺロニー病(Peyronie disease)は日本語で陰茎硬化症、カタカナではぺイロニー病のほかにペロニーもしくはパイロニー病とも記載されます。陰茎の曲がり(屈曲ペニス)が主症状です。その病態として陰茎海綿体白膜に線維性の硬結(プラーク)が出来て、そのために勃起時の陰茎痛や陰茎弯曲が発生する病気です。進行性の病気で弯曲がひどくなると性行為に支障をきたすようになりますが、悪性のものではありません。ペイロニー病は後天性の疾患ですが、先天的に陰茎が彎曲している場合は先天性陰茎彎曲症に当たりますので先天性陰茎彎曲症のページをご覧ください。

日本では美容外科医が陰茎の手術を行うことが多いようですが、本来であればぺイロニー病は泌尿器疾患であり、その診断と治療は性機能を専門とした泌尿器科医の専門領域となります。当科では性機能外来において本疾患の治療経験のある日本性機能学会専門医が診療に当たり手術まで担当します。

ぺロニー病の頻度はどのくらいでしょうか?

ぺイロニー病自体は泌尿器科医でもめったに診察することはありませんが、その罹患率は一般に想定されるより多いと考えられています。欧米では一般に100人に7-8人程度とされていますが、疫学的調査が難しいため明らかになってはおりません。実際の日本人の発生頻度に関してはいまだ不明な点が多く、他の文献も参考にすると3−9%程度だと考えられます。また発症年齢ですが若年者から高齢者まで全年齢層で発症すると言われています。

ペロニー病の原因は?

ペロニー病の原因は残念ながらはっきり分かっていません。リスクファクターとして以下のことが報告されています。

  • リスクファクター

糖尿病、高血圧、高脂血症、喫煙、非淋菌性尿道炎、炎症性性器疾患、生殖器手術歴(特に前立腺全摘除術後)、hypogonadism、Duypuytren’s拘縮

  • 陰茎に対する外傷(trauma)が原因である可能性が高い

Accidents or surgical trauma:事故や手術による陰茎へのダメージ

Microtrauma during coitus:性行為時に伴う陰茎へのダメージ

  • 遺伝的要因

 

ペロニー病の診断

まず触診で陰茎の硬結(硬い部分)を触れるかどうかを確認します。それに加えて、勃起時に硬結の方向に陰茎が曲がっていたらペロニー病の可能性が高いと言えます。

ぺロニー病の保存的治療法は?

ペロニー病は発症して半年から一年間程度は活動期であり、プラークが増大し陰茎の曲がりが進行する時期でもあります。この期間中は抗炎症反応があるトラニラストを内服して頂いており、一定の効果を確認しています。患者さんによっては、この薬物治療中に硬結が縮小、経過が良いと消失することもあります。とにかく、プラークが出来上がってしまう前に早めの内服開始をお勧めいたしますので、ご心配な方は早めの受診をお願いいたします[1]。

一旦出来上がったプラークに対しての局所注射は様々な薬物が検討されてきましたが、強力なエビデンスのある決定的な治療法はありませんでした。ところが最近米国において繊維成分を溶かすコラゲナーゼがぺイロニー病に対する注射治療としてFDAから認可されました。アメリカでの無作為ランダム化比較試験(RCT)でコラゲナーゼがプラセボと比較して、有意な屈曲と痛み等の改善を示しました。この結果ぺイロニー病の保存的治療として強力なエビデンスが出たといえます[2]。残念ながら日本ではまだ使用できません。

ぺロニー病に対する手術は?

大きく分けてプリケーション法と、グラフト移植術があります。前者のプリケーション法は白膜に非吸収糸をかけて、反対側の陰茎を縮めることにより陰茎を真っ直ぐにする方法です。詳しくは先天性陰茎弯曲症の図を見てください。後者のグラフト移植術は体の一部分(足の静脈や口腔粘膜など)から硬結の欠損部にあてがう部分を採取して、手術に伴う陰茎の短縮を防ぐ方法です。陰茎長が短い場合や硬結のために陰茎が一部分細くなっている場合を適応としています[3]。

手術ですから合併症は絶対ないとは言えません。陰部背神経、動静脈の付近を操作することもあるため、術後に勃起機能の一時的な低下や陰茎の感覚障害の可能性があります。術前に勃起機能が不良である場合は、術後EDのリスクが高まります。これらは徐々に改善することが多いです。

手術をするにあたって注意して頂きたいこと

ペイロニー病の手術をする際に、注意して頂きたい点があります。まず、プリケーション方は、あくまで縦方向の調整をする手術です。もともと陰茎が捻転(回転)している場合は、プリケーション法によって、陰茎の曲がりを修正することはできても、陰茎そのものの回転を正すことはできませんので、ご理解頂ければと思います。

また、手術後に若干の曲がりが残存することがあります。手術においては可能な限り真っ直ぐに形成を行うように努力しておりますが、微妙な術後の彎曲に関しては性行為に問題がなければ経過をみていただく場合もあります。

最後に、余剰包皮の切除に関してです。基本的に余剰包皮は患者様の希望により切除させていただく場合が多いのですが、時に余剰包皮の切除を後悔する方がいらっしゃいますので、術後の満足度を向上させるためにも、余剰包皮の切除を追加で行うかどうか考えておいてください。

当科の診療状況のまとめ(2015〜2016年)

平均年齢は47.3±12.9歳、平均陰茎長は12.0±1.9cm、全例に陰茎硬結を触知した。

主訴は31例中、陰茎弯曲が4分の3であり、4分の1は勃起時痛もしくは硬結のみであった。

 

弯曲の向きは、上方弯曲が32%、下方弯曲が10%、左方弯曲が32%、右方弯曲が3%であった。

治療方法は薬物療法24例(78%)、手術療法6例(19%)、無治療経過観察1例(3%)であった。

治療効果の判定が可能だった中、薬物療法で35%が軽快した。

また合併症を有している症例は42%、喫煙者は58%であった。

問い合わせ

お問い合わせメール、もしくは泌尿器科外来に電話でお問い合わせください。その後のメールのやり取りで、勃起時の写真を添付して頂ければある程度の診断できます。手術は2泊3日、保険診療で行なっています。お悩みの方は一度ご相談ください。

担当医 木村将貴

参考文献

[1] Shaw EJ, Mitchell GC, Tan RB, Sangkum P, Hellstrom WJ. The non-surgical treatment of peyronie disease: 2013 update. The world journal of men’s health. 2013 Dec: 31:183-92
[2] Gelbard M, Goldstein I, Hellstrom WJ, et al. Clinical efficacy, safety and tolerability of collagenase clostridium histolyticum for the treatment of peyronie disease in 2 large double-blind, randomized, placebo controlled phase 3 studies. J Urol. 2013 Jul: 190:199-207
[3] Langston JP, Carson CC, 3rd. Peyronie disease: plication or grafting. Urol Clin North Am. 2011 May: 38:207-16