陰茎海綿体自己注射療法 (ICI治療)

プロスタグランジン陰茎海綿体注射:自己注射が可能になりました

勃起障害(ED)は男性のみならずカップルの性的満足をも障害する重大な疾患です。バイアグラ、レビトラ、シアリスはいずれも内服薬ですが、約30%には効果が認められません。また、一部の薬を常用している方は内服できません。

プロスタグランジンE1(PGE1)は、PDE5i無効や禁忌のED患者において海外では広く使用されている薬剤であり、世界80カ国+2自治領において陰茎海綿体自己注射(Intracavernous injection: ICI therapy)が承認されています。前述のEDの患者さんは、海外では、プロスタグランジンE1を陰茎海綿体に注射して効果が認められています。しかし日本では、患者さん自身での陰茎海綿体に薬剤を自己注射することは認められておりませんでした。

このたび臨床研究「EDに対するプロスタグランジンE1陰茎海綿体自己注射の多施設共同臨床研究」が帝京大学倫理委員会にて承認されましたので、帝京大学泌尿器科においてこの治療が可能となりました。

今回の研究は、このお薬があなたの病気に対して効果があるのか(有効性)、副作用がどの程度か(安全性)を調べることにあります。EDの患者さんの中で、研究を担当する医師(性機能専門医)がこれまでの治療経過などからこのお薬を使用して頂くのが良いと判断した方々を対象にして、研究への参加をお願いしています。

まず、あなたの病状について診察および検査(勃起機能や血液検査など)を行った上で、このお薬を使用していただくかどうかを、研究を担当する医師が判断します。

このお薬には、1アンプル中にプロスタグランディンE1(生体内にある物質で血管を広げる作用などがあります)が20μg含まれています。このお薬を性交直前に適切量を、取扱説明書に記載したとおりに陰茎内に自己注射していただきます。注射の間隔は24時間以上の間隔をあけていただきます。

実際の注射法

来院時に担当医師と一緒に陰茎に注射して頂き、自己注射の方法を習得して頂くと同時に、プロスタグランジンの効果判定を行います。

左手で陰茎を引っ張り、右手で注射器を持ち陰茎中央から根元のあたりを、斜め上から注射します。その際に海綿体を覆う膜を貫通する感触があるかもしれません。注射する場所は陰茎の表面を走る太い血管を避けるようにしてください。

実際に使用する注射器と針。極細針を使用しているため穿刺時の疼痛は少ない。

その後、隔離された部屋でビデオを見ながら陰茎を刺激して頂き、陰茎硬度が十分かを判断します。その後、持続勃起症の副作用が出ないかを確認するために、注射後1時間程度は勃起が消退するまで院内にて待機して頂きます。最後に希望があれば、薬剤と注射、消毒キットをお渡しすることになります。

有効性と副作用報告

本治療の有効性は全ED患者の70%以上との報告です。 患者満足率は87-94%で、パートナーの満足率も86-90%と共に高いとされています。

副作用に関しては局所の疼痛が5%、 海綿体線維化は0%、6時間以上の持続勃起症が0.52%です。

陰茎海綿体自己注射は、国の認可を得ていません。そのため、全国の性機能学会専門医が多施設共同研究によって臨床研究を進めており、有効性の確認と安全性を担保するために様々な努力をしております。従って、学会から正式に認定された性機能専門医不在のクリニックでの処方は原則的に認められておりません。さらに持続勃起症などの副作用等のレスキューができない状況では、美容外科やED専門クリニックでのICI導入は危険な行為と考えられます。またインジェクターを使用しているクリニックも散見され、衛生的にも疑問が残ります。

費用について

 回数 金額(診療費含む・税込 2014年9月時点)
1回分 5900円
2回分 10,220円
3回分 14,530円
4回分 18,860円
5回分 23,180円
6回分 27,500円
7回分 31,820円
8回分 36,140円
9回分 40,460円

ICI治療は保険収載されておりませんので費用は全額自費となります。
自己注射1回分=4,320円(内訳)タンデトロン20㎎ 1A、生食20ml 1A、針(1本)、注入器(1本)、アルコール綿(1枚)1回分
別途診察料、消費税が必要です。

問い合わせ

当院では、日本性機能学会の専門医が多施設共同研究の一環として、ICI治療を推進しております。糖尿病による重症EDの方、前立腺や膀胱癌術後の方、ニトロを服用しておりPDE5阻害薬が使用できない方など、様々な方が、関東圏はもとより遠方からも受診されております。陰茎海綿体自己注射に関して質問がありましたらお問い合わせページからお問い合わせください。ED診断、ICI治療をご希望の方は泌尿器科性機能外来で対応しておりますので、電話(泌尿器科外来直通:03-3964-8262)でご予約をお取りください。紹介状がない場合は選定療養費の5400円が必要になります。紹介状がなくても予約は可能です。

担当医 性機能外来 木村将貴