精索静脈瘤の原因と対処法

精索静脈瘤とは?

精索静脈瘤は精巣の血液を心臓側に戻すつる状静脈叢の拡張で、一般男性の15%に認められるとされています [1]。精索静脈瘤は精巣内の造精機能(精子を作る力)に影響を及ぼすとされており、徐々に悪影響を及ぼしていくことから男性不妊の原因の代表的なものの一つになっています。一般に第1子不妊(お子さんができない)の約35%、第2子不妊(二人目のお子さんができない)となっている男性の約70%に精索静脈瘤が認められることが知られています[2, 3]

精索静脈瘤の原因は?

精索静脈瘤はその解剖的な理由から、左側に多く発生するといわれています [4-6]。その主な原因の一つは、精巣静脈の走行にあります。左側は左腎静脈に直角の角度で流入し、その経路が右側より長いため逆流が生じやすいとされています[4-6]。このため精巣静脈の血液がよどむため、精巣の温度の上昇や[7, 8]、酸化ストレスの増加[9-14]、カテコラミン等のホルモンの濃縮が起こり、精巣が精子を作る機能を弱めるという説が有力です。興味深いことに、片方の静脈瘤でも、両側の精巣の温度が上昇し、両側性に障害をきたすとされています[15]。

精索静脈瘤と酸化ストレス

精索静脈瘤により発生する精巣への障害を考えるとき、酸化ストレスが重要な役割を果たしています[9-14]。酸化ストレスは活性酸素と抗酸化作用のバランスが崩れることにより、発生します。多くの実験で、精巣における過剰な酸化ストレスと抗酸化作用の低下が、精子を作る働きを邪魔すると報告しています[14, 16]。さらには酸化ストレスの上昇がゲノムとミトコンドリアDNAの破壊を引き起こし、最終的には精子を形成する働きを担うメカニズムに影響を及ぼすとされています[17]。最近、精索静脈瘤の手術がこのようなDNA障害を軽減するという報告がでています[18, 19]。

精索静脈瘤はどのような時に治療するのか?

ヨーロッパ泌尿器科学会の男性不妊症に対するガイドライン[20]やアメリカ生殖医学会のガイドラインを参照すると、精液所見が正常の場合や、腹圧をかけても触知できないサブクリニカルな静脈瘤は治療してもメリットがないとされています。また女性パートナーが正常もしくは治療できる範囲の不妊症であることが必須です。静脈瘤の診断は一般に難しく、主観的な要素も多いので、超音波によって診断する方が正確だという意見もあります[21-23]。ヨーロッパ泌尿器科学会のガイドラインでは、不妊症カップルで精液所見が異常な場合は静脈瘤がないかチェックすることを強く推奨していますので、そのような方は当科男性不妊外来の受診をお勧め致します。また、精索静脈瘤があるために慢性的な陰嚢部痛を訴える方もいます。精索静脈瘤を放置しても自然に治ることはありませんので、このような方たちは手術の適応となります。

当科では欧米でスタンダードとなっている顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術を行っています。詳しくは手術に関するページをご参照ください。

問い合わせ

精索静脈瘤の診断、治療をご希望の方は泌尿器科・男性不妊外来で対応しておりますので、電話(泌尿器科外来直通:03-3964-8262)もしくは予約専用電話:03-3964-1498でご予約をお取りください。紹介状がない場合は選定療養費の5400円が必要になります。紹介状がなくても予約は可能です。

メールでの相談を希望の場合は「相談メール」のページからフォームに入力してください。適宜お返事いたします。

男性不妊診療は木村将貴が担当いたします。

参考文献

  1. Kimura M, Nagao K. Role of varicocele repair for male infertility in the era of assisted reproductive technologies. Reproductive Medicine and Biology. 2014;13(4):185-192.
  2. The influence of varicocele on parameters of fertility in a large group of men presenting to infertility clinics. World Health Organization. Fertil Steril. 1992;57(6):1289-1293.
  3. Gorelick JI, Goldstein M. Loss of fertility in men with varicocele. Fertil Steril. 1993;59(3):613-616.
  4. Asci R, Sarikaya S, Buyukalpelli R, Yilmaz AF, Yildiz S. The effects of experimental varicocele on testicular histology and fertility in monorchic adult rats. BJU Int. 1999;83(4):493-497.
  5. Takihara H, Sakatoku J, Cockett AT. The pathophysiology of varicocele in male infertility. Fertil Steril. 1991;55(5):861-868.
  6. Naughton CK, Nangia AK, Agarwal A. Pathophysiology of varicoceles in male infertility. Hum Reprod Update. 2001;7(5):473-481.
  7. Jarow JP. Effects of varicocele on male fertility. Hum Reprod Update. 2001;7(1):59-64.
  8. Moore RDaQ, W. J. The scrotum as a temperature regulator for the r\testes. Am J Physiol. 1923;68:70-79.
  9. Agarwal A, Sharma RK, Desai NR, Prabakaran S, Tavares A, Sabanegh E. Role of oxidative stress in pathogenesis of varicocele and infertility. Urology. 2009;73(3):461-469.
  10. Altunoluk B, Efe E, Kurutas EB, Gul AB, Atalay F, Eren M. Elevation of both reactive oxygen species and antioxidant enzymes in vein tissue of infertile men with varicocele. Urol Int. 2012;88(1):102-106.
  11. Allamaneni SS, Naughton CK, Sharma RK, Thomas AJ, Jr., Agarwal A. Increased seminal reactive oxygen species levels in patients with varicoceles correlate with varicocele grade but not with testis size. Fertil Steril. 2004;82(6):1684-1686.
  12. Pasqualotto FF, Sundaram A, Sharma RK, Borges E, Jr., Pasqualotto EB, Agarwal A. Semen quality and oxidative stress scores in fertile and infertile patients with varicocele. Fertil Steril. 2008;89(3):602-607.
  13. Agarwal A, Hamada A, Esteves SC. Insight into oxidative stress in varicocele-associated male infertility: part 1. Nat Rev Urol. 2012;9(12):678-690.
  14. Abd-Elmoaty MA, Saleh R, Sharma R, Agarwal A. Increased levels of oxidants and reduced antioxidants in semen of infertile men with varicocele. Fertil Steril. 2010.
  15. Goldstein M, Eid JF. Elevation of intratesticular and scrotal skin surface temperature in men with varicocele. J Urol. 1989;142(3):743-745.
  16. Aitken RJ, Curry BJ. Redox regulation of human sperm function: from the physiological control of sperm capacitation to the etiology of infertility and DNA damage in the germ line. Antioxid Redox Signal. 2011;14(3):367-381.
  17. Sakkas D, Alvarez JG. Sperm DNA fragmentation: mechanisms of origin, impact on reproductive outcome, and analysis. Fertil Steril. 2010;93(4):1027-1036.
  18. La Vignera S, Condorelli R, Vicari E, D’Agata R, Calogero AE. Effects of varicocelectomy on sperm DNA fragmentation, mitochondrial function, chromatin condensation, and apoptosis. J Androl. 2012;33(3):389-396.
  19. Smit M, Romijn JC, Wildhagen MF, Veldhoven JL, Weber RF, Dohle GR. Decreased sperm DNA fragmentation after surgical varicocelectomy is associated with increased pregnancy rate. J Urol. 2013;189(1 Suppl):S146-150.
  20. Jungwirth A, Giwercman A, Tournaye H, et al. European Association of Urology guidelines on Male Infertility: the 2012 update. Eur Urol. 2012;62(2):324-332.
  21. Miyaoka R, Esteves SC. A critical appraisal on the role of varicocele in male infertility. Adv Urol. 2012;2012:597495.
  22. Gat Y, Bachar GN, Zukerman Z, Belenky A, Gorenish M. Physical examination may miss the diagnosis of bilateral varicocele: a comparative study of 4 diagnostic modalities. J Urol. 2004;172(4 Pt 1):1414-1417.
  23. Trum JW, Gubler FM, Laan R, van der Veen F. The value of palpation, varicoscreen contact thermography and colour Doppler ultrasound in the diagnosis of varicocele. Hum Reprod. 1996;11(6):1232-1235.