糖尿病によるEDの原因と治療

糖尿病性EDについて

 

はじめに

糖尿病は勃起障害の一番のリスクといっても過言ではありません。血糖コントロールが不良であるほど、EDは高頻度で、高度であることが報告されています。

 

我々が以前インターネットによるアンケート調査によって、日本全国7710人の勃起時の陰茎の硬さを調査したところ、陰茎の硬さの低下と糖尿病には強い相関を認めました[1]。これから、なぜ糖尿病と勃起障害が深い関係にあるのか解説して行きます。

 

糖尿病によるEDと血管内皮障害の関係

糖尿病はその病態として末梢神経障害や血管障害が起こります。神経の問題もありますが、糖尿病性EDの最も大きい原因としては全身の血管内皮障害からくるからもたらされる動脈硬化が挙げられます。

血管内皮細胞からはNOという物質が放出され、これが勃起の維持に関与します。糖尿病になると、体の中の酸化ストレスや糖化最終生成物(AGE)といった老廃物が増加し、そのために血管内皮障害、さらに動脈硬化が起こり、図1のようにEDをいずれかのタイミングで発症し、最終的には心筋梗塞や脳梗塞になる確率が高くなります。

 

血管サイズ仮説について

その理由としては、図2に示した血管サイズ仮説が報告されています。つまり、陰茎動脈のような細い血管から動脈硬化が進み、血流が悪くなり、最終的には太い脳動脈や冠動脈が閉塞してしまう、というシナリオです。

 

私が行なった実験でも、放射線を照射した後、時間の経過とともにラットの陰茎動脈の動脈硬化が進み、それと同時に勃起機能が低下していました[2]。

したがって、糖尿病の患者さんが勃起障害を発症した場合は、動脈硬化の検査をした方が良いと思いますし、心臓の冠動脈の積極的な検査も必要と考えている研究者もいます[3]。

 

糖尿病性EDと心血管系リスク

同じ糖尿病の方でも、EDがある方とない方では、将来的な心筋梗塞・脳梗塞の発症率、さらには死亡率まで差が出てくるという報告があります[4, 5]。日本人においても同じことが言えるようです[6]。

治療について

糖尿病性EDの特徴としては、前述したように将来的な心血管イベントの予測になるという報告が多くされています。従って、今まで健康であった人がEDになった時は、男性ホルモンのチェックの他に、糖尿病がないか、動脈硬化はないかを調べた方が良さそうです。また薬物治療においてはバイアグラ、シアリス、レビトラといった、いわゆるPDE5iで一定の効果はあります[7]。しかし、ほかの原因のEDと比べると、有効率は低いとされています。当院ではPDE5iが無効であった患者さんに対しては次のステップとしてプロスタグランジン陰茎海綿体自己注射による治療を積極的に行なっています。

 

診断と治療は性機能外来で行なっています。受診希望の方は、外来予約をお願いします。事前に詳細を聞いておきたい方はお問い合わせからご連絡ください。

担当医 性機能外来 木村将貴

 

参考文献

[1]          Kimura M, Shimura S, Tai T, et al. A Web-Based Survey of Erection Hardness Score and Its Relationship to Aging, Sexual Behavior, Confidence, and Risk Factors in Japan. Sex Med. 2013: 1:76-86

[2]          Kimura M, Yan H, Rabbani Z, et al. Radiation-induced erectile dysfunction using prostate-confined modern radiotherapy in a rat model. J Sex Med. 2011 Aug: 8:2215-26

[3]          Gazzaruso C, Giordanetti S, De Amici E, et al. Relationship between erectile dysfunction and silent myocardial ischemia in apparently uncomplicated type 2 diabetic patients. Circulation. 2004 Jul 6: 110:22-6

[4]          Gazzaruso C, Solerte SB, Pujia A, et al. Erectile dysfunction as a predictor of cardiovascular events and death in diabetic patients with angiographically proven asymptomatic coronary artery disease: a potential protective role for statins and 5-phosphodiesterase inhibitors. J Am Coll Cardiol. 2008 May 27: 51:2040-4

[5]          Inman BA, Sauver JL, Jacobson DJ, et al. A population-based, longitudinal study of erectile dysfunction and future coronary artery disease. Mayo Clin Proc. 2009 Feb: 84:108-13

[6]          Yamada T, Hara K, Umematsu H, Suzuki R, Kadowaki T. Erectile dysfunction and cardiovascular events in diabetic men: a meta-analysis of observational studies. PLoS One. 2012: 7:e43673

[7]          Karlawish JH, Casarett D. Sildenafil for diabetic men with erectile dysfunction. JAMA. 1999 Sep 08: 282:940-1