精索静脈瘤に対する顕微鏡下低位結紮術

精索静脈瘤とは?

精索静脈瘤は精巣の血液を心臓側に戻すつる状静脈叢の拡張で、一般男性の15%に認められるとされています [1]。精索静脈瘤は精巣内の造精機能(精子を作る力)に影響を及ぼすとされており、徐々に悪影響を及ぼしていくことから男性不妊の原因の代表的なものの一つになっています。一般に第1子不妊(お子さんができない)の約35%、第2子不妊(二人目のお子さんができない)となっている男性の約70%に精索静脈瘤が認められることが知られています[2, 3]。

精索静脈瘤の原因は?

精索静脈瘤はその解剖的な理由から、左側に多く発生するといわれています [4-6]。その主な原因の一つは、精巣静脈の走行にあります。左側は左腎静脈に直角の角度で流入し、その経路が右側より長いため逆流が生じやすいとされています[4-6]。このため精巣静脈の血液がよどむため、精巣の温度の上昇や[7, 8]、酸化ストレスの増加[9-14]、カテコラミン等のホルモンの濃縮が起こり、精巣が精子を作る機能を弱めるという説が有力です。興味深いことに、片方の静脈瘤でも、両側の精巣の温度が上昇し、両側性に障害をきたすとされています[15]。

精索静脈瘤と酸化ストレス

精索静脈瘤により発生する精巣への障害を考えるとき、酸化ストレスが重要な役割を果たしています[9-14]。酸化ストレスは活性酸素と抗酸化作用のバランスが崩れることにより、発生します。多くの実験で、精巣における過剰な酸化ストレスと抗酸化作用の低下が、精子を作る働きを邪魔すると報告しています[14, 16]。さらには酸化ストレスの上昇がゲノムとミトコンドリアDNAの破壊を引き起こし、最終的には精子を形成する働きを担うメカニズムに影響を及ぼすとされています[17]。最近、精索静脈瘤の手術がこのようなDNA障害を軽減するという報告がでています[18, 19]。

精索静脈瘤はどのような時に治療するのか?

現在、最も詳細にその手術の適応を記述しているのは、ヨーロッパ泌尿器科学会の男性不妊症に対するガイドラインでしょう[20]。また、アメリカ生殖医学会も学会として推薦する手術の適応を提示しています。これらを参照すると、不妊患者でも精液所見が正常の場合や、腹圧をかけても触知できないサブクリニカルな静脈瘤は治療してもメリットがないとされています。また女性パートナーが正常もしくは治療できる範囲の不妊症であることが必須です。静脈瘤の診断は一般に難しく、主観的な要素も多いので、超音波によって診断する方が正確だという意見もあります[21-23]。ヨーロッパ泌尿器科学会のガイドラインでは、不妊症カップルで精液所見が異常な場合は静脈瘤がないかチェックすることを強く推奨していますので、そのような方は当科男性不妊外来の受診をお勧め致します。また、精索静脈瘤があるために慢性的な陰嚢部痛を訴える方もいます。精索静脈瘤を放置しても自然に治ることはありませんので、このような方たちは手術の適応となります。

どのような治療法があるのか?

現在本邦で行われている治療は大きく分けて4種類あります。

高位結紮術 へそ脇あたりの腹部の切開で腎臓に近いほうの精巣静脈を縛る方法。
低位結紮術 そけい部(足の付け根のあたり)の小切開で精巣に近い方の静脈を結紮する方法。
腹腔鏡下手術 腹腔鏡を使っておなかの中の精巣静脈を縛る方法。
経皮的静脈塞栓術 放射線科で精巣静脈に塞栓物質(血管の中にコイルなどを)を詰める方法。

この中でも小さな皮膚切開で顕微鏡を使用して手術する「顕微鏡下低位結紮術」が確実に静脈の切断とリンパ管、動脈の温存が可能なことから、一番手術成績が優れており、体の負担が少なく、精巣萎縮、陰嚢水腫などの合併症も少ないとされています[24, 25]。顕微鏡手術のトレーニングが必要であり高度な技術が要求されますので、可能な施設が限られます。当科ではこの方法を採用しております。

実際の精索静脈瘤の手術法は?

局所麻酔で手術を行います。表面に痛み止めの軟膏を塗ってから局所麻酔を行いますので、最初に針を刺した感覚も鈍くなります。その後、精索ブロック注射によって痛みは完全に無くなりますが、手術中に睾丸が引っ張られるような違和感があります。皮膚切開の場所は図のように足の付け根あたりから少し上の場所を2.5㎝程なので、手術後に傷は陰毛に隠れて目立たなくなります。

皮膚切開の位置

手術では切開創から精索を持ち上げて、これを顕微鏡下で細かい静脈を結紮し、動脈、リンパ管を温存します。手術時間は約1-1.5時間であり、精巣動脈を可能な限り温存するため手術中には超音波ドップラー血流計を使用しています。

当院の手術用顕微鏡にてマイクロ手術を行います。

顕微鏡で見た拡大像。高倍率で静脈を結紮、動脈とリンパ管は残します。

当院での手術で結紮した静脈本数は平均7本、温存した動脈は2.3本、温存したリンパ管は5.6本でした(学会発表よりデータを抜粋)。時間節約のために動脈・リンパ管の温存が不十分になってしまうと、本来の手術の意味がなくなります。希望のある方にはテレビのモニターを観ながら手術を受けていただく場合もあります。

手術のリスクは?

一般的に内出血が20−30人に1人、陰嚢水腫、精巣萎縮が1%、再発や残存が数%です。幸いにも現在まで合併症のため再入院、再手術を行なった方はおりません。

精索静脈瘤手術の術後は?

傷は溶ける糸で表面を縫いますので、外来での抜糸は必要ありません。低位結紮術だと術後の痛みは軽くて済みますので、手術翌日から仕事が可能となります。数日間痛み止めと抗生剤を内服していただきます。手術2日後に傷表面のテープはがしてください。7日間は激しい運動、飲酒、入浴を控えてください(シャワーは術当日から可)。術後経過は日帰り手術でも同様です。

費用に関して

局所麻酔による前日入院1泊2日手術:自費診療22万円(術前検査・術後傷確認を含む・部屋代別)
局所麻酔による日帰り手術:自費診療22万円(術後傷確認を含む・術前検査別)

人工授精、体外、顕微授精などの生殖補助技術と並行して精索静脈瘤の治療を行うことにより、不妊治療のトータルでかかるコストが低くなるという事が報告されています[26]。したがって、明らかな静脈瘤がある場合は、不妊治療に静脈瘤手術を加えるのが治療コスト面でも良い方法です。

治療効果は?

精索静脈瘤手術が精液所見の改善に寄与することは、強い根拠をもって証明されており、7割を超える患者さんが、術後の精液所見が改善しています。ただし、自然妊娠率を改善するかどうかは、臨床試験の難しさもあることから、完全には証明されていません[27]。また体外受精などの生殖補助医療と同時に静脈瘤の治療をする場合は、その効果が早期に現れるのかどうかが問題となります。最近の研究では、静脈瘤手術後5ヶ月で精液所見が改善するという報告[28]、術後3ヶ月で精子のDNAの質が改善するという報告[29]などがあり、クリニックで不妊治療をされているカップルにもメリットがあることが示されています。ただしこのトピックに関してはいまだ統一された見解はないので今後の更なる研究が必要でしょう。以下のグラフは当院での顕微鏡下低位結紮術のデータです。手術3ヶ月で改善の傾向を認め、6ヶ月では明らかに精子濃度や運動率が改善しています。

術後精液検査は有意に改善している。

患者さんへのメッセージ

  • お子さんがなかなかできなくてお悩みの方。男性因子による不妊症は想像しているよりも多いので女性側の負担を減らすためにも、ぜひ積極的に受診してください!。
  • 診断から診断から手術執刀まで全て経験豊富な生殖医療専門医が担当します。
  • 不妊治療はスピード感が重要です。外来受診から手術まで極力お待たせしない、1カ月以内の手術が出来るように心がけています。手術の込み具合等、メール対応できますので、お気軽にお問合せください。
  • 日々の仕事でお忙しい男性のために、土曜日外来を開設しております。是非ご活用ください。
  • 精索静脈瘤は90%は左側にできます。もしクリニックで両側精索静脈瘤と診断された場合は不必要な手術を受ける可能性があります。その前に当院を受診してみてください。

問い合わせ

精索静脈瘤の診断、治療をご希望の方は泌尿器科・男性不妊外来で対応しておりますので、電話(泌尿器科外来直通:03-3964-8262)もしくは予約専用電話:03-3964-1498でご予約をお取りください。紹介状がない場合は選定療養費の5400円が必要になります。紹介状がなくても予約は可能です。

メールでの相談を希望の場合は「相談メール」のページからフォームに入力してください。適宜お返事いたします。

男性不妊診療は木村将貴が担当いたします。

参考文献

[1] Kimura M, Nagao K. Role of varicocele repair for male infertility in the era of assisted reproductive technologies. Reproductive Medicine and Biology. 2014: 13:185-92
[2] The influence of varicocele on parameters of fertility in a large group of men presenting to infertility clinics. World Health Organization. Fertil Steril. 1992 Jun: 57:1289-93
[3] Gorelick JI, Goldstein M. Loss of fertility in men with varicocele. Fertil Steril. 1993 Mar: 59:613-6
[4] Asci R, Sarikaya S, Buyukalpelli R, Yilmaz AF, Yildiz S. The effects of experimental varicocele on testicular histology and fertility in monorchic adult rats. BJU Int. 1999 Mar: 83:493-7
[5] Takihara H, Sakatoku J, Cockett AT. The pathophysiology of varicocele in male infertility. Fertil Steril. 1991 May: 55:861-8
[6] Naughton CK, Nangia AK, Agarwal A. Pathophysiology of varicoceles in male infertility. Hum Reprod Update. 2001 Sep-Oct: 7:473-81
[7] Jarow JP. Effects of varicocele on male fertility. Hum Reprod Update. 2001 Jan-Feb: 7:59-64
[8] Moore RDaQ, W. J. The scrotum as a temperature regulator for the r\testes. Am J Physiol. 1923: 68:70-9
[9] Agarwal A, Sharma RK, Desai NR, Prabakaran S, Tavares A, Sabanegh E. Role of oxidative stress in pathogenesis of varicocele and infertility. Urology. 2009 Mar: 73:461-9
[10] Altunoluk B, Efe E, Kurutas EB, Gul AB, Atalay F, Eren M. Elevation of both reactive oxygen species and antioxidant enzymes in vein tissue of infertile men with varicocele. Urol Int. 2012: 88:102-6
[11] Allamaneni SS, Naughton CK, Sharma RK, Thomas AJ, Jr., Agarwal A. Increased seminal reactive oxygen species levels in patients with varicoceles correlate with varicocele grade but not with testis size. Fertil Steril. 2004 Dec: 82:1684-6
[12] Pasqualotto FF, Sundaram A, Sharma RK, Borges E, Jr., Pasqualotto EB, Agarwal A. Semen quality and oxidative stress scores in fertile and infertile patients with varicocele. Fertil Steril. 2008 Mar: 89:602-7
[13] Agarwal A, Hamada A, Esteves SC. Insight into oxidative stress in varicocele-associated male infertility: part 1. Nat Rev Urol. 2012 Dec: 9:678-90
[14] Abd-Elmoaty MA, Saleh R, Sharma R, Agarwal A. Increased levels of oxidants and reduced antioxidants in semen of infertile men with varicocele. Fertil Steril. 2010 Jan 29:
[15] Goldstein M, Eid JF. Elevation of intratesticular and scrotal skin surface temperature in men with varicocele. J Urol. 1989 Sep: 142:743-5
[16] Aitken RJ, Curry BJ. Redox regulation of human sperm function: from the physiological control of sperm capacitation to the etiology of infertility and DNA damage in the germ line. Antioxid Redox Signal. 2011 Feb 1: 14:367-81
[17] Sakkas D, Alvarez JG. Sperm DNA fragmentation: mechanisms of origin, impact on reproductive outcome, and analysis. Fertil Steril. 2010 Mar 1: 93:1027-36
[18] La Vignera S, Condorelli R, Vicari E, D’Agata R, Calogero AE. Effects of varicocelectomy on sperm DNA fragmentation, mitochondrial function, chromatin condensation, and apoptosis. J Androl. 2012 May-Jun: 33:389-96
[19] Smit M, Romijn JC, Wildhagen MF, Veldhoven JL, Weber RF, Dohle GR. Decreased sperm DNA fragmentation after surgical varicocelectomy is associated with increased pregnancy rate. J Urol. 2013 Jan: 189:S146-50
[20] Jungwirth A, Giwercman A, Tournaye H, et al. European Association of Urology guidelines on Male Infertility: the 2012 update. Eur Urol. 2012 Aug: 62:324-32
[21] Miyaoka R, Esteves SC. A critical appraisal on the role of varicocele in male infertility. Adv Urol. 2012: 2012:597495
[22] Gat Y, Bachar GN, Zukerman Z, Belenky A, Gorenish M. Physical examination may miss the diagnosis of bilateral varicocele: a comparative study of 4 diagnostic modalities. J Urol. 2004 Oct: 172:1414-7
[23] Trum JW, Gubler FM, Laan R, van der Veen F. The value of palpation, varicoscreen contact thermography and colour Doppler ultrasound in the diagnosis of varicocele. Hum Reprod. 1996 Jun: 11:1232-5
[24] Hopps CV, Lemer ML, Schlegel PN, Goldstein M. Intraoperative varicocele anatomy: a microscopic study of the inguinal versus subinguinal approach. J Urol. 2003 Dec: 170:2366-70
[25] Cayan S, Shavakhabov S, Kadioglu A. Treatment of palpable varicocele in infertile men: a meta-analysis to define the best technique. J Androl. 2009 Jan-Feb: 30:33-40
[26] Schlegel PN. Is assisted reproduction the optimal treatment for varicocele-associated male infertility? A cost-effectiveness analysis. Urology. 1997 Jan: 49:83-90
[27] Baazeem A, Belzile E, Ciampi A, et al. Varicocele and male factor infertility treatment: a new meta-analysis and review of the role of varicocele repair. Eur Urol. 2011 Oct: 60:796-808
[28] Colpi GM, Carmignani L, Nerva F, et al. Surgical treatment of varicocele by a subinguinal approach combined with antegrade intraoperative sclerotherapy of venous vessels. BJU Int. 2006 Jan: 97:142-5
[29] Li F, Yamaguchi K, Okada K, et al. Significant improvement of sperm DNA quality after microsurgical repair of varicocele. Syst Biol Reprod Med. 2012 Oct: 58:274-7